正副議長の辞任不許可 来月10日まで会期延長 与那国町議会

 自衛隊配備をめぐる与野党対立で空転が続いている与那国町議会は23日、野党3人が開議請求を行い、野党のみで本会議を開いた。崎元俊男氏を仮議長に立てて糸数健一議長、大宜見浩利副議長の辞表の取り扱いを協議し、辞任を不許可とした。当初、25日の予定だった会期末は4月10日まで延長した。24日は休会となっており、25日以降、与野党がどう動くかが焦点になる。


 地方自治法によって、本会議を開くための開議請求は議員定数の半数以上の議員が賛成すれば可能。開議請求に議長、副議長が応じなかった場合は、仮議長が本会議を開くことができる。糸数議長、大宜見副議長の辞任が不許可になったことは議会事務局の米城資晴事務局長が電話で本人に伝えた。米城事務局長によると、2人とも「分かりました」と話したという。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html