「崎ちゃん」交通事故死 14年に放鳥のカンムリワシ

崎枝小学校で放鳥された「崎ちゃん」=2014年2月25日
崎枝小学校で放鳥された「崎ちゃん」=2014年2月25日

 環境省石垣自然保護官事務所は12日に石垣市崎枝でカンムリワシの死亡個体を発見し、25日、交通事故による死亡と確認した。カンムリワシの交通事故死は今年で2件目。この個体は2013年12月に交通事故にあって保護され、翌14年2月に崎枝小学校で放鳥した「崎ちゃん」であることがわかった。左脚に「S」と書かれた緑のカラーリングをしていることから割り出した。

 「崎ちゃん」は14年2月に放鳥されたあと、14年10月にも名蔵で交通事故にあっており、今回の事故で3度目。死亡個体は全長47㌢のメスの若鳥。12日の午後4時ごろ、崎枝集落手前の道路で死亡しているカンムリワシを通行人が発見し、石垣市文化財課へ連絡。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html