与那国町議会 配備推進派 多数奪還か 駐屯地の町道廃止可決

用地造成工事が順調に進む陸上自衛隊駐屯地建設地=22日午後、与那国町
用地造成工事が順調に進む陸上自衛隊駐屯地建設地=22日午後、与那国町

 与那国町議会(糸数健一議長)は26日、本会議での議案審議を10日ぶりに再開し、自衛隊駐屯地建設に向け、町が求めていた予定地の町道廃止を2対1の賛成多数で可決した。野党の與那覇英作氏が賛成に回り、自衛隊配備推進派が多数を占めた住民投票の結果に従うと表明。今後、町議会で配備推進派が多数を奪還する可能性が出てきた。27日は一般会計予算案などの審議が予定されている。自衛隊配備の賛否をめぐる情勢の変化を受け、欠席を続けている糸数議長、大宜見副議長が審議に復帰し、議会が正常化するかが焦点になる。

 この日の本会議は崎元俊男氏を仮議長に、野党3人で開会。駐屯地予定地に簡易水道を整備する実施設計費を盛り込んだ町簡易水道事業特別会計補正予算は全会一致で否決された。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html