ヤエヤマスズコウジュ復活 ボランティア外来植物を駆除 与那国

広がっていたヤエヤマスズコウジュの葉
広がっていたヤエヤマスズコウジュの葉

 与那国町の久部良バリで23日午後、在来植物の「ヤエヤマスズコウジュ」が確認され、関係者は喜びに包まれた。
 ヤエヤマスズコウジュはシソ科の植物で春にはピンク色の小さな花を咲かせる。絶滅危惧種Ⅱ類で、生息地の久部良バリでは、ここ数年で拡散した外来植物のアメリカハマグルマにより、その存在が脅かされるようになった。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html