大学時代に「21世紀の中国」を…

 大学時代に「21世紀の中国」をテーマにした講義を受け、教授や参加者と意見交換したとき、出席者の誰もが「21世紀は中国の世紀になる」と断言した◆人口の多さや人民の潜在能力の高さから、いずれ米国をも抜き、世界一の大国に成長する―と誰もが予想した。「そんなものか」と思いながら話を聞いていた記憶があるが、予想より早く、その時が訪れようとしているようだ◆中国が主導して設立する国際金融機関、アジアインフラ投資銀行に日米を除く主要国がこぞって参加を表明しており、従来の日米主導に代わり、中国を中心とした新たな金融秩序がアジアで誕生しそうだ。中国が名実ともに「アジアの盟主」として影響力を拡大させることになる◆ただ経済面での躍進とは裏腹に、中国の軍事的、独裁的な体質は強まる一方だ。本来なら隣国の経済成長は大きなチャンスだが、尖閣問題を抱える八重山にとっては、逆に脅威が増す一方だと受け止められる。順調に伸びる八重山観光も、外国人からの誘客は台湾や香港がメインターゲットとなっており、中国本土との民間交流が活発化する兆しはない◆東アジアの玄関口を目指す八重山にとって、相互理解が深まらないまま、隣国の存在感だけ増していく現状は不幸としか言いようがない。