野呂水地区の新道開通 沿線に観光地、安全性向上 石垣港伊原間線

石垣港伊原間線の野呂水地区の新道開通式でテープカットする関係者(30日午前)
石垣港伊原間線の野呂水地区の新道開通式でテープカットする関係者(30日午前)

 石垣港から石垣島の主要観光地である名蔵や川平に向かう県道石垣港伊原間線の野呂水地区で、県が従来の道路をバイパスする2・5㌔の新道を新たに整備し、30日、現地で開通式が開かれた。従来の道路は幅員が狭く、急勾配の坂が連続するなど、交通安全上の問題が指摘されていた。新道の整備で住民や観光客の安全性、利便性の向上が期待される。


 石垣港伊原間線は石垣港から伊原間の国道390号と県道平野伊原間線との接続点まで総延長約40㌔の幹線道路。沿線には名蔵アンパル、川平湾などの観光名所があり、観光振興の上からも重要な路線となっている。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html