離島振興予算の増額評価 新病院隣接の宿泊施設要望 高嶺善伸県議

 県議会2月定例会を終え、高嶺善伸氏が最も注目したのは、国の沖縄振興予算(一括交付金)の動向と新県政の離島振興への姿勢。「国は一括交付金を減額したが県は離島振興予算を増額した。新県政の離島振興予算209億円の予算措置を評価したい。3市町は最大の効果を引き出してほしい」と語った。


 八重山観光について「2階建てで国内線と連接した新石垣空港国際線ターミナルを15年度補正予算で組む流れがある。観光客の滞在日数増加や満足度向上に向け、『量より質』を目指す地域の受け皿整備が重要」と指摘した。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html