農業と観光タイアップ 新県政、尖閣に無関心 砂川利勝県議

県議会2月定例会を終え、砂川利勝県議が展望を語った=3月27日、県議会議員居室
県議会2月定例会を終え、砂川利勝県議が展望を語った=3月27日、県議会議員居室

 県議会2月定例会を終え、県政が過度に米軍基地問題を焦点化していると懸念する砂川利勝県議。「重要課題は米軍基地だけではない。待機児童解消や医療など行政支援を待っている県民が大勢いる。県政が変わった影響が一括交付金の減額に表れている。今後は減らさない努力をしてほしい」と国と県の関係を不安視した。
 中国は尖閣諸島(石垣市登野城)の領有権主張を強めている。「県知事の所信表明に『尖閣』の文字すらなく意識の低さが見える。県の明確な考えを国に示すべき」と指摘した。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html