菅氏「早期に危険除去を」 翁長知事、県内移設認めず 普天間移設、きょう初会談

 菅義偉内閣官房長官が4日に沖縄入りし、米軍キャンプ瑞慶覧(宜野湾市)の西普天間住宅地返還式典に翁長雄志知事とともに出席した。菅氏はあいさつで、米軍普天間飛行場(同市)について「忘れてはならないのは、周囲を住宅や学校に囲まれた普天間の一日も早い危険除去だ」と述べ、名護市辺野古移設の推進を訴えた。翁長氏は、県内移設を認めないとの認識を記者団に表明した。両者は5日、那覇市内で初会談を行い、米軍普天間飛行場の返還と名護市辺野古代替施設建設、沖縄振興策などについて意見交換する。

 あいさつで菅氏は「安倍政権は沖縄の基地負担軽減策でできることは全てやる。目に見える形で実現していく」と述べ、沖縄の経済振興に向けて県と連携する考えも示した。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html