「冷静、毅然と対応」 尖閣警備で長谷川本部長 第11管区海保

記者会見する第11管区海上保安本部の長谷川義明本部長=7日、那覇港湾合同庁舎
記者会見する第11管区海上保安本部の長谷川義明本部長=7日、那覇港湾合同庁舎

 第11管区海上保安本部長に就任した長谷川義明氏(59)が7日、那覇港湾合同庁舎で記者会見し「15年度は尖閣専従体制の完成の年。領土・領海を守るため冷静かつ毅然と対応する。尖閣周辺海域で万全の警備体制を築く」と意気込みを見せた。

 同本部は15年3月末に定員1243人だったが、16年3月末までに定員1722人に大幅に増員される。14年度から石垣海上保安部に配備計画を進めている巡視船10隻のうち4隻は配備済みで、残り6隻は来年3月までに配備予定。

 同本部には15年度から総務部と救難警備部が新設される。また、領海警備担当の次長を置く。


▼全文は「新聞オンライン.com」で

http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html