「育鵬社版採択を阻止」 住民の会が教科書シンポ

市民集会のシンポジウムで教科書採択について発言するパネリストたち=18日午後、市健康福祉センター
市民集会のシンポジウムで教科書採択について発言するパネリストたち=18日午後、市健康福祉センター

 8月に予定される中学校教科書採択に向け「子どもたちによりよい教科書の採択を求める市民集会」(主催・子どもと教科書全国ネット21、子どもと教科書を考える八重山地区住民の会)が18日、石垣市健康福祉センターで開かれた。子どもと教科書全国ネット21の俵義文事務局長が基調講演し「石垣市と与那国町で育鵬社の公民教科書採択を止めさせ、歴史教科書も採択させない運動を全国の人たちと共同で展開したい」と呼び掛けた。現場教員などがパネリストを務めたシンポジウムでは、教員の意見を尊重して教科書を採択するよう求める声が上がった。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html