仲間市議が辺野古で演説 移設反対派に退去求める

辺野古移設反対派に退去を呼び掛ける仲間氏(中央)=24日午後、名護市の米軍キャンプ・シュワブ前
辺野古移設反対派に退去を呼び掛ける仲間氏(中央)=24日午後、名護市の米軍キャンプ・シュワブ前

 尖閣諸島を守る会の代表世話人を務める石垣市議会の仲間均副議長が24日、同会メンバー7人とともに名護市の米軍キャンプ・シュワブ前を訪れ、座り込みを続ける米軍普天間飛行場の辺野古移設反対派に対し、退去を促す演説をした。反対派からは激しい罵声が飛んだが、大きな混乱はなく、仲間氏は約20分の演説を終え、その場を立ち去った。
 仲間氏は演説で、反対派の抗議活動で周辺の通行が妨害され、住民生活に支障が出ていると指摘。「辺野古区外から連日のように押しかけている反対派の皆さんは、即刻立ち去ってほしい」と呼び掛けた。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html