反基地派「なぜ石垣から妨害」 八重山に厳しい視線 緊張の辺野古リポート

仲間氏(右)に詰め寄ろうとして警察官に制止される反基地派=24日午後、米軍キャンプ・シュワブ前
仲間氏(右)に詰め寄ろうとして警察官に制止される反基地派=24日午後、米軍キャンプ・シュワブ前

 米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設反対派が座り込みを続ける米軍キャンプ・シュワブ前を24日、尖閣諸島を守る会の代表世話人を務める仲間均石垣市議が訪問。尖閣問題の先鋭化を指摘し、反基地派に退去を求めた。2月にも石垣市議4人がキャンプ・シュワブ前で反基地派ともみ合いになっており、反基地派からは「なぜ石垣市議ばかり反対運動を妨害しに来るのか」と反発の声も上がる。与那国町の住民投票で自衛隊配備賛成が多数を占めたこともあり、反基地派は八重山に厳しい視線を向けているようだ。


▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html