「投票所に顔写真も掲示を」 障害者配慮で支援協要請 市長「選管と調整」

障害者が選挙に参加しやすい環境づくりを中山市長に要請する小倉会長=7日午後、市役所
障害者が選挙に参加しやすい環境づくりを中山市長に要請する小倉会長=7日午後、市役所

 障害者が選挙に参加しやすい環境づくりを進めようと、石垣市障がい者自立支援協議会の小倉隆一会長らが7日、市役所に中山義隆市長を訪れ、選挙で障害者が候補者の顔写真を指差して投票することなどを認めるよう要請した。障害者の中には文字が読めない人もいるため、現状では円滑な投票ができないケースがあるとしている。投票所のバリアフリー化なども併せて求めた。中山市長は「選挙管理委員会と調整しながら、少しでも改善できるよう取り組む」と応じた。


▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html