陸自配備 きょう協力要請 左藤副大臣石垣入りへ 

 左藤章防衛副大臣は11日午後、石垣市役所を訪れて中山義隆市長と会う。石垣島への陸上自衛隊配備計画に協力を要請する見通し。政府として石垣市に対する初の正式な打診となり、今後、市でも自衛隊配備をめぐる議論が活発化しそうだ。

 石垣市の行政区域である尖閣諸島周辺には中国政府が連日、公船を航行させており、太平洋進出に伴って自国の勢力圏を八重山まで拡大する意図を鮮明にしている。


▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html