陸自配備 市に初打診 「国民の生命財産守る」 防衛副大臣 市長、調査受け入れ明言

左藤副大臣(左)と会談する中山市長=11日午後、市役所
左藤副大臣(左)と会談する中山市長=11日午後、市役所

 防衛省の左藤章副大臣が11日午後、石垣市役所で中山義隆市長と会談し、陸上自衛隊の石垣島配備に向け、調査への協力を要請した。「南西諸島の安全保障は大変厳しくなっている。国民の生命財産をしっかり守るため、部隊配置を考えざるを得ない。調査させていただきたい」と述べた。政府が石垣市への自衛隊配備を公式に打診するのは初めて。中山市長は「情報をオープンにしていただき、市民の声を聞きながら判断したい」と応じた。会談後の記者会見で中山市長は「調査そのものに対しては協力したい」と調査の受け入れを明言した。


▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html