自衛隊配備に反対決議 退職教員会支部が総会

 県退職教員会八重山支部(浜元信和支部長)の第45回定期総会が13日、大川公民館で開かれ、石垣島への自衛隊配備計画に反対し、撤回を求める特別決議を採択した。
 決議では、自衛隊配備について「広大な土地が剥(は)ぎ取られるばかりでなく、島の景観、発展を著しく阻害するものになる」「風光明媚な石垣島の土地を一坪たりとも軍事利用のために使わせるわけにはいきません」と批判。自衛隊配備は近隣国との軍事的緊張を増長させるとして、近隣諸国の友好関係を大切にするよう求めた。石垣市長、防衛大臣に送付する。自衛隊配備阻止などを盛り込んだ活動方針も承認した。
 今年の中学校教科書採択にあたり、教育現場・教員の意見を尊重した教科書採択が行われるよう注視することや、若い世代へ沖縄戦の実相を語り継ぐなどとした定期総会決議も採択した。


▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html