次世代見据え 選択の時 きょう沖縄復帰43年 八重山は歴史の転換点

石垣市の市街地。復帰後、社会資本の整備が進み、順調な発展を遂げてきた(2015年4月撮影)
石垣市の市街地。復帰後、社会資本の整備が進み、順調な発展を遂げてきた(2015年4月撮影)

 沖縄は15日、日本復帰43年を迎える。2013年の新石垣空港開港を機に観光客が110万人を突破するなど、八重山は発展に向けた新たなステージに立っているが、自衛隊配備や新庁舎建設などの問題で、次世代を見据えた選択も迫られている。歴史の転換点で迎える復帰記念日となる。

 復帰後、八重山では道路網や下水道などの社会資本整備が進み、光ファイバー敷設による高速インターネットの普及などは本島、本土との情報格差を劇的に是正した。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html