「機動救難士」が発足 空飛ぶレスキュー隊  遭難救助など迅速に 海保石垣航空基地

つり上げ訓練で、救助者を抱えヘリコプターへ戻る機動救難士=15日午後、第11管区海上保安本部石垣航空基地
つり上げ訓練で、救助者を抱えヘリコプターへ戻る機動救難士=15日午後、第11管区海上保安本部石垣航空基地

 「機動救難士」が海上保安庁石垣航空基地に4月10日付けで配置され、15日、石垣航空基地で発足式が開催された。「空飛ぶレスキュー隊」と呼ばれる機動救難士は、海難船舶の遭難者や、海上で漂流する遭難者をヘリコプターで迅速に救助する海保の専門チーム。第11管区海上保安本部の長谷川義明本部長は「24時間、365日の出動体制が強化され、迅速かつ強固な体制が確立する。命を救う崇高な使命を常に意識し、八重山諸島の安心、安全に大きく寄与してほしい」と機動救難士らを激励した。

 石垣航空基地に配置された9人全員が潜水士の資格を持ち、うち3人が救急救命士の資格を持つ。機動救難士は2002年、第7管区福岡航空基地に初めて配置され、石垣航空基地への配置は9ヵ所目。日本全国では石垣航空基地の9人を含め、81人の機動救難士がいる。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html