米国防総省から環境賞 在沖海兵隊基地、長官賞も4度目

名護市屋我地でビーチクリーンを行うキャンプシュワブの海兵隊員ら(提供:在沖海兵隊バトラー基地報道部)
名護市屋我地でビーチクリーンを行うキャンプシュワブの海兵隊員ら(提供:在沖海兵隊バトラー基地報道部)

 在沖米軍海兵隊基地は7日、米国防総省から「海外軍事施設環境品質賞」と「国防長官環境賞」を受賞したと発表した。国防長官賞の受賞は今回で4度目。在沖米軍海兵隊基地が効果的な環境管理を行ったとして評価された。
 米海兵隊太平洋基地および在沖海兵隊基地司令官のチャールズ・ハドソン少将は「日々の環境への配慮や保護が大きな成果を得て、地域との強固な関係を築いた。今後も期待したい」と述べた。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html