249人 笑顔で快走 自然満喫 さわやかな汗 ウルトラマラソン

石垣島ウルトラマラソンが初めて開催された=17日午前、サッカーパークあかんま
石垣島ウルトラマラソンが初めて開催された=17日午前、サッカーパークあかんま

 初の石垣島ウルトラマラソン(同実行委員会主催)が17日に開催され、全国や県内、八重山地域の参加者らが汗を流しながら八重山の観光を楽しんだ。出走者実数は249人で、うち205人が約60㌔を完走。趣旨はタイムを競うことではなく、走りながら景色や地域を楽しむこと。参加者は立ち止まって自然を満喫し、エイドステーションで提供された地域の物産を味わい、全国から訪れた参加者同士や、沿道で応援する地域住民らとのふれあいで豊かな時間を過ごした。大会後、山田康司実行委員長は「八重山の人たちから想像以上に温かく迎えられた。参加者の皆さんが喜んでくれ、これ以上ない喜び。来年また会いましょう」とあいさつした。


▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html