支所新設と出張所強化 役場移転へ有力案浮上 来月、提言文取りまとめ 竹富町有識者委

 竹富町新庁舎建設のあり方検討有識者委員会(上妻毅委員長)の第4回会合が22日、町役場で開かれ、役場移転する場合としない場合に予想される庁舎、出張所の機能について6つのパターンを検討した。役場移転せずに現状維持した場合を除き「西表島に庁舎を移転し、石垣市に支所を新設するとともに、各島の出張所機能を強化する」案が最もメリットが多く、有力案として浮上した。7月下旬の次回会合では、6パターンに対する各委員の評価と町長に対する提言文を取りまとめる。

 6パターンの評価の観点として挙げられた項目は「住民の利便性」「地域への貢献」「地域の拠点形成」「効率性」「防災機能」「環境への負荷」。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html