最高級の「1等」評価 1期米、29日から販売 ライスセンター

米の品質などを確認する山根指導員(左)と大嵩丈夢指導員(右)=25日午前、JAおきなわ八重山地区営農振興センターライスセンター
米の品質などを確認する山根指導員(左)と大嵩丈夢指導員(右)=25日午前、JAおきなわ八重山地区営農振興センターライスセンター

 2015年度初めての米の品質などの検査が25日、JAおきなわ八重山地区営農振興センターライスセンター(石垣市平得)で行われた。検査を受けた米は、20日に大浜博彦さん(80)=名蔵=が収穫した1期米の「ひとめぼれ」を玄米に加工したうちの30㌔×33袋の990㌔。29日にJAファーマーズマーケットゆらてぃく市場で初売りに出される。保有水分や米粒の大きさ、形などの検査の結果、最高等級の「1等」の評価がされた。

 農産物検査員の資格を持つ、JAおきなわ八重山地区本部の山根聡営農指導員は、検査のあと「例年通りおいしい米ができている。ぜひ購入してほしい」と呼びかけた。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html