建設中止の仮処分求める 与那国の陸自配備反対派

仮処分申し立て後、記者会見する上地、田里共同代表(左から)=1日午後、官公労共済会館
仮処分申し立て後、記者会見する上地、田里共同代表(左から)=1日午後、官公労共済会館

 防衛省が政府で進める陸上自衛隊沿岸監視部隊の駐屯地建設に対し、1日、反対派の町民30人が建設差し止めの仮処分を那覇地裁石垣支部に申し立てた。駐屯地建設によって町民の平和的生存権、人格権、プライバシー権が侵害されると主張している。
 申立人の共同代表は社会福祉法人理事長の上地国生氏、町議の田里千代基氏、町議の崎元俊男氏が務め、16人の弁護団がサポートする。


▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html