フィルムオフィス民間へ ロケ誘致で知名度アップ

サトウキビ畑からの於茂登岳。八重山は絶好のロケ地として期待される(石垣市役所提供=共同)
サトウキビ畑からの於茂登岳。八重山は絶好のロケ地として期待される(石垣市役所提供=共同)

  映画やドラマなどの石垣島ロケを誘致し、地元の受け入れ体制を構築する「石垣島フィルムオフィス」が、このほど石垣市から市観光交流協会に移管された。同協会が事務局になることで、会員施設にロケの協力を求めやすくなるなどのメリットがある。高倉大事務局長代理は「映画のロケなどを通じ、石垣島に行ってみたいという人を増やしたい。できれば海外での知名度アップにつながれば」と意気込みを示した。

 石垣島フィルムオフィスは2004年6月1日、市企画開発部観光課(当時)に設置された。ロケ地や地元コーディネーターの紹介、エキストラ確保の協力、宿泊施設や関連業者の紹介などが主な業務だった。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html