防災と活性化両立を 現地建て替えへ10日大会 新庁舎

記者会見で市役所現在地建設推進大会の開催を発表する仲間館長(中央)ら=2日午後
記者会見で市役所現在地建設推進大会の開催を発表する仲間館長(中央)ら=2日午後

 「防災と活性化ができる 島の未来を考えたら今の場所がいいよね」をキャッチコピーに、石垣市役所現在地建設推進大会(主催・同実行委員会)が10日開かれる。市役所玄関前に集合後、周辺のパレードを行い、市役所新庁舎を現在の美崎町で建て替えるよう訴える。2日、実行委員長を務める美崎町自治公民館の仲間重昭館長らが市内ホテルで記者会見して発表した。
 仲間館長は「島の長老たちが美崎町の発展のために頑張って来たのに、どうして今さら経済圏を他の場所に移すのか」と市役所の高台移転を求める声に反論。


▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html