教科書採択協が始動 規約改正で委員8人に

 石垣市、与那国町の公立中学校で来春から使用する教科書を選定する教科用図書八重山採択地区協議会(会長・石垣朝子石垣市教育長)の総会が5日、市教育委員会で開かれ、従来6人だった委員を8人に増員する規約改正などを承認した。総会は非公開。事務局の市教委は、8月までに教科書を選定し、2市町の教委は、協議会の選定に基づいて教科書を採択する。

 協議会委員は従来①2市町の教育長②2市町の教育委員各1人③八重山地区PTA連合会代表1人④学識経験者1人―の計6人で構成されていたが、規約改正で、石垣市が派遣する教育委員と有識者をそれぞれ2人に増員した。石垣教育長は「協議を十分に行うため」としている。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html