特定教科書の不採択要求  小底氏発言に「介入」批判 市議会

小底氏の質問に答弁する石垣教育長=18日午前、市議会
小底氏の質問に答弁する石垣教育長=18日午前、市議会

 18日の石垣市議会一般質問で教科書採択を取り上げた野党の小底嗣洋氏が、特定の教科書について論評し「この教科書は絶対使ってはいけないということを個人的に申し上げる」と発言した。今後本格化する教科書採択作業に対する政治的圧力と受け取られかねず、中山義隆市長は「公然と教科書採択に介入している」とその場で抗議した。

 小底氏は教科書会社の具体名は挙げなかったが「新しい公民、歴史教科書」だとした上で「愕然とした。太平洋戦争は自存自衛のための戦争だという。歴代内閣は植民地支配と侵略を認めた。自分を守るためなら何でもしていいということになるのではないか」などと述べた。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html