県漁連会長に上原亀一氏 八重山初のトップ就任 「儲かる漁業」に意欲

 県漁業協同組合連合会の2015年度通常総会が22日午前、県水産会館(那覇市)で開催され、八重山漁業協同組合の上原亀一組合長(53)が代表理事会長に就任した。八重山漁協から県漁連のトップ就任は初めて。総会後、上原会長は報道陣の取材に対し「漁業者の不利益を解消し、後継者育成に取り組む」と抱負を述べた。

 上原会長は課題の一つに泊魚市場の糸満市への移転問題を挙げた。老朽化に伴い移転が必要とされているが、移転後の泊の再開発などを懸念する慎重論もある。「早いうちに関係者の合意を得て進めたい」と意欲を見せた。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html