「売れないワケ」解説 白山陶器の松尾社長が講演 さきしま経営フォーラム

白山陶器の松尾社長が講演を行った=26日、市内ホテル
白山陶器の松尾社長が講演を行った=26日、市内ホテル

 「よい会社・よい経営者・よい経営環境」の実現を目指そうと市内のホテルで26日、「第20回さきしま経営フォーラム」(沖縄県中小企業同友会八重山支部主催)が開かれ、グッドデザイン賞にも輝いた白山陶器㈱代表取締役社長の松尾慶一さんが「お客様との接点づくりを創作の原動力に」と題した講演を行った。松尾さんは「商品が売れない理由は2つしかない」と断言し、①そもそも値段が高い②良い商品でも客の目に触れないと売れない、と解説した。

 松尾さんは41歳で社長に就任。その後2、3年で経営不振に陥った。「売れない理由」に気づいたのは、東京ドームのテーブルフェスティバルに出品した時。同イベントは9日間で30万人が来場する大規模なもの。実際に売れ行きは厳しいのに、来場者の多くに「いいね」といわれ、「作ってきたものに間違いはなかった」と自信を持つきっかけとなった。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html