米、厳しい対応に終始 知事は「有意義」と強調 翁長訪米

 米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設反対を訴えようと、5月27日から6月4日まで訪米した翁長雄志知事。国務省、国防省の担当者や有力議員などに面会したものの、米側は日米合意を堅持する考えを示し、意見交換は平行線に終わった。翁長知事は県議会で「沖縄が置かれている状況を正確に伝えることができ、有意義だった」と成果を強調したが、米側の一連の対応を検証すると、県の予想以上に厳しい内容だったことが浮かび上がる。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html