産業発展の要に 再生医療研究センターが開所 琉大医学部

  琉球大学医学部「再生医療研究センター」が同学部敷地内に28日開所し、オープニングセレモニーが行われた。琉球大学の大城肇学長が産学官の連携強化に意欲を示し、「再生医療の研究と人材育成の場として、県民の期待と地域に果たす役割は大きい」とあいさつした。県は再生医療実現の場として、同センターを活用した国際的な産業振興に期待している。
 再生医療では、臓器などを培養し移植することで欠損した機能を回復させる。人工臓器や臓器移植医療に代わる医学分野として世界的に注目を集めている。


▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html