観光交流協に看板設置 フィルムオフィス、民間に移管

石垣島フィルムオフィスの看板を掲げる石垣市の大得観光文化スポーツ局長、市観光交流協会の高嶺会長、浦崎副会長(右から)=29日午後、同協会
石垣島フィルムオフィスの看板を掲げる石垣市の大得観光文化スポーツ局長、市観光交流協会の高嶺会長、浦崎副会長(右から)=29日午後、同協会

 映画やドラマなどの石垣島ロケをコーディネートする「石垣島フィルムオフィス」が石垣市から市観光交流協会に移管され、29日、同協会で看板設置式が開かれた。高嶺良晴会長は「マスコミを使って石垣をPRする拠点にしたい」と意気込んだ。
 同協会は今年度、約50万円かけ、石垣島で行われたロケの場所を紹介するロケ地マップを製作する。既にバラエティや映画などのロケ依頼があり、エキストラの手配などで協力する方針。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html