金星と木星が大接近 きょうとあす「観察を」

 金星と木星が30日と7月1日、大接近する。石垣島天文台は「小型の望遠鏡でも二つの惑星を同時に楽しめる」と星空観察を呼び掛けている。
 同天文台によると、金星、木星を一直線に伸ばした位置には、しし座の一等星レグルスも見え、三つの星が直線状に並んでいるのが見える。
 金星、木星が西の水平線に沈むころには、南の空のさそり座の上に美しい環を持っていることで人気の土星が昇ってきている。今月末から7月初めには、月もそばに並ぶ。
 石垣島天文台のむりかぶし望遠鏡を使った土日の天体観望会は8月上旬まで予約がいっぱいだという。同天文台は「キャンセルがあるので問い合わせてほしい。南の星の星まつり期間中の8月16日~23日までは十分にゆとりがある」としている。