餓死「年上のぼくらが食べてしまったから」 遭難者ら当時語る

「戦争で逝った弟と妹に」と題して読み上げた宮良正之さん=3日、慰霊碑前
「戦争で逝った弟と妹に」と題して読み上げた宮良正之さん=3日、慰霊碑前

 尖閣諸島戦時遭難者や遺族からも報告が行われ、魚釣島での戦時遭難を経験した宮良正之さんは「戦争で逝った弟と妹に」と題して読み上げた。「ぼくらが餓死を免れたのは戦争とはいえ、幼い君たちの食べるものを、年上のぼくらが食べてしまったからだったんだね」と語り、亡くなった幼い命を悼んだ。

 「戦争がなければ、家族を持って平凡な人生を送ったかもしれない。何らかの才能があって社会に貢献する人物になったかもしれない」と話し、成長を見守れなかったことに胸を傷ませた。


▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html