八商工、2年連続最優秀賞 「命草」活用し特産品開発 九州大会の県代表に

最優秀賞を受賞して「凱旋帰島」した八重山商工マーケティングリサーチ部のメンバー=11日午後、石垣空港
最優秀賞を受賞して「凱旋帰島」した八重山商工マーケティングリサーチ部のメンバー=11日午後、石垣空港

 第18回県高等学校生徒商業研究発表大会(県商業教育研究会主催)が9日に浦添市てだこホールで開かれ、八重山商工高校のマーケティングリサーチ部(宮良優花部長)が、チーム名の「美島商娘」(ちゅらしましょうこ)で開発した沖縄の伝統的な食材の「命草(ぬちぐさ)」をメインに、島レモンやショウガ、ピパーツなどから作った「天使のシトラスジンジャーシロップ」で最優秀賞の座を射止めた。最優秀賞の受賞は、2年連続で4回目。

 メンバー5人は、台風9号の影響で予定より帰りが1日遅れて11日午後、石垣空港に到着。同校の教諭らが出迎えるなか〝凱旋帰島〟した。8月21日に浦添市の同ホールで行われる九州大会に県代表として出場する。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html