土砂搬入規制条例が成立 辺野古移設に影響も 県議会

 県議会(喜納昌春議長)は13日の最終本会議で、埋め立てに使う土砂の県外からの搬入を規制する条例を自民党などを除く賛成多数で可決した。米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設や、那覇空港第2滑走路の建設に影響する見通し。条例は11月1日から施行される。

 条例は国内の固有種を淘汰(とうた)する可能性のある特定外来生物が土砂に紛れて侵入するのを防ぎ、沖縄の自然環境を保護して生物多様性を維持することを目的としている。規制対象は埋め立て資材に限定されている。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html