安保法案の早期成立を 県内初の意見書可決 与党、尖閣情勢に危機感 野党「審議不十分」 市臨時議会

安保法案の今国会での成立を求める意見書に起立して賛成する与党議員=14日午前、石垣市議会
安保法案の今国会での成立を求める意見書に起立して賛成する与党議員=14日午前、石垣市議会

 石垣市議会(知念辰憲議長)は14日の臨時議会で、安倍晋三政権が推進する安全保障関連法案の今国会成立を求める意見書を与党の賛成多数で可決した。安保関連法案に賛成する意見書の可決は県内で初めて。意見書では、市の行政区域である尖閣諸島で中国公船の領海侵犯が日常化している状況などを挙げ「平時からあらゆる事態に対処できる切れ目のない法制を整備する必要がある」と指摘している。野党は国会での審議が不十分だとして反対した。

 意見書では尖閣諸島について「中国公船の領海侵犯が日常茶飯事の状態にあり、漁業者のみならず一般市民も大きな不安を感じている」と指摘。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html