安保法案「国境守る法整備」 中山市長、今国会成立期待

安保法案の衆院特別委可決を受け、報道陣の質問に答える中山市長=15日午後、市役所
安保法案の衆院特別委可決を受け、報道陣の質問に答える中山市長=15日午後、市役所

 安倍晋三政権が成立を目指す安全保障関連法案が15日、衆院平和安全法制特別委員会で可決されたことを受け、石垣市の中山義隆市長は「今国会成立に向けて動いていることは良かった」と歓迎。尖閣諸島有事の可能性に触れ「日本だけでは守れない部分がある。日米安保を強化する意味でも、今回の法案は必要だ」と述べ、国境を守る法整備との認識を強調した。報道陣の質問に答えた。

 中山市長は那覇市で開かれた特別委に与党推薦の参考人として出席し、法案に賛成する意向を表明した。「日米安保がより強化され、日本の安全保障の担保が強まる。尖閣を含め、国境離島の島々にとっては、行政区域を守るための法整備が進む」と改めて説明した。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html