仲山君、初の正賞に輝く 「神のバトン」テーマの詩で 八商工

正賞に輝いた仲山忠扶君(右)と西浜教諭=23日、八重山商工校長室
正賞に輝いた仲山忠扶君(右)と西浜教諭=23日、八重山商工校長室

 詩のコンクール「第13回神のバトン賞」(主催・琉球新報社)でこのほど、八重山商工高校(真栄田義功校長)の商業科観光コースの仲山忠扶(ただもと)君(3年)が、正賞に輝き23日、同校で報告会が行われた。「風」というタイトルで三連の詩を書いた3年生の仲山君は、「これまでやってきた演劇を続けるか、進学するか考えて書いた」と、将来への不安を詩につづった。同コンクールで正賞となるのは同校で初めて。


▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html