子育てもオスが担当 タマシギのペア営巣

タマシギのペアがくさむらを出入りしている=23日、石垣島
タマシギのペアがくさむらを出入りしている=23日、石垣島

 23日、タマシギのペアが、石垣島の湿地で一緒にくさむらを出入りしているのが見られた。
 タマシギはチドリ目タマシギ科の野鳥で、目にマガタマ状の模様があるのが特徴。目が大きく見えて、人気の野鳥だ。
 インドから東南アジア、中国、アフリカ、オーストラリアに分布。日本では本州中部以南で繁殖。オスよりメスが目立つ姿をしており、子育てもオスがする異色の野鳥。
 石垣島のその湿地は、実のところ2期作の準備に向け、田に水を張り、これからトラクターで深耕する直前の田んぼ。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html