来夏世の豊穣を祈願 平得・真栄里で豊年祭

熱気に包まれたツナヌミン=25日夜、大阿母御嶽前
熱気に包まれたツナヌミン=25日夜、大阿母御嶽前

 豊作物の豊作を神に感謝し、来夏世(くなつゆ)の豊穣と住民の無病息災を祈願しようと平得公民館(田村秀光館長)主催の「平得・真栄里豊年祭ムラプール」が25日午後5時から、大阿母御嶽前で行われた。豊年祭には両地区や大浜地区の住民をはじめ、大勢の観光客でにぎわい、祭を盛り上げた。
 ムラプール開始前には、御嶽前で旗頭が行き来する「ヤライ」から始まり、クバ扇を手にした神司たちが世願いと同地区の巻踊りが披露された。 旗頭奉納では平得東、真栄里、JAおきなわや、大浜中学校など8基を奉納。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html