五・七・五で熱戦 沖田チームVで県大会へ 俳句in八重山大会

判定の旗があがり、ガッツポーズする「ジョン沖田&みっちゃん」の米盛海都君(左)と鷲尾玖美さん=26日、石垣市健康福祉センター
判定の旗があがり、ガッツポーズする「ジョン沖田&みっちゃん」の米盛海都君(左)と鷲尾玖美さん=26日、石垣市健康福祉センター

 第13回俳句in沖縄の八重山大会(主催・同実行委員会)が26日、石垣市健康福祉センターで行われ、高校生8人を含む10人が参加し、俳句ボクシングと俳句ディベートの2競技で熱戦を展開した。俳句ディベートでは「ジョン沖田&みっちゃん」チーム(米盛海都君・金城光俊君・鷲尾玖美さん)が優勝し、8月29日に沖縄本島の与那原町で行われる県大会に出場する。八重山大会は5回目の開催。


 俳句ディベートは、自作した俳句を出し合い、相手の質問や改善点を指摘し、優劣を決めるもの。「蚊」「海の日」「ソテツの花」の3つの季語で勝負し、3チームで総当たり戦を行った。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html