埋め立て承認「論理の飛躍」 有識者委  抑止力論に疑念も 県、報告書を公表 辺野古移設

 米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設計画で、県は29日、仲井真弘多前知事の辺野古沿岸埋め立て承認手続きに瑕疵があるとした有識者委員会の検証結果報告書を公表した。埋め立て承認について、普天間飛行場の移設場所として、他の場所ではなく辺野古が適切である理由を「何ら説明していない」として「論理の飛躍が存在すると思われる」と結論づけている。
 報告書では「普天間飛行場の危険性」「移設の必要性」を前提に、具体的に、移設先として辺野古が適切であるかについて審査すべきだが「この点についての理由(審査)が欠落している」としている。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html