離島医療の実態学ぶ 研修医の山田さん、竹富で

竹富島の医療の実態を学んだ研修医の山田奈津実さん(右)と石橋興介医師=28日、竹富診療所
竹富島の医療の実態を学んだ研修医の山田奈津実さん(右)と石橋興介医師=28日、竹富診療所

 岐阜市民病院の研修医である山田奈津実さん(26)が、地域研修のため、かりゆし病院で1ヵ月の研修活動に従事している。山田さんは研修プログラムの一環として27日から3日間、竹富島を訪問し、竹富診療所の石橋興介医師のもとで離島医療の実態を体験した。
 「竹富島の人は親切ですね。診療の後にかき氷をご馳走になったことも」と笑いながら話す山田さんは「離島の診療所は限られた医療設備の中で、しかも先生をはじめ全員がいくつもの仕事をかけもっています。一人がカバーする範囲が広く、誰一人欠けても成り立ちません」と一般的な病院との違いに驚いたという。
 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html