被災地から来た保育士奮闘 阿部さん「経験伝えたい」

子どもたちに囲まれ、保育士として日々奮闘する阿部さん=7月31日午後、新川保育所
子どもたちに囲まれ、保育士として日々奮闘する阿部さん=7月31日午後、新川保育所

 東日本大震災で被災した宮城県石巻市の保育士、阿部奈美さん(22)が今年2月から石垣市の新川保育所で勤務している。大震災を機に一家で移住し、島の子育て支援に奮闘。被災地から来た保育士として、自らの経験を「(防災教育などで)子どもたちに伝えたい」と話す。

 2011年3月11日。高校生だった阿部さんは石巻市の自宅で幼稚園児の妹と2人だった。強い揺れを感じ、外へ出た。

 自宅は海に近く、埋め立て地にあった。地震後、わずかな間に自宅周辺では液状化現象が起き、地面から水が噴き出したり、電柱が地面に沈んだりしていた。道路もひび割れていた。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html