核廃絶願い鐘打ち ピースデイで犠牲者追悼 新栄公園

ユニバーサル・ピースデイの呼応鐘打が行われた=6日朝、新栄公園
ユニバーサル・ピースデイの呼応鐘打が行われた=6日朝、新栄公園

 1945年8月6日、広島に原子爆弾が投下され70年目となった6日、ユニバーサル・ピースデイの呼応鐘打式(世界平和の鐘の会県支部主催)が、平和の鐘が設置されてある新栄公園で行われ、参列者は原爆投下の午前8時15分にサイレンが鳴り、一斉に黙とう。その後、犠牲者の追悼と核廃絶、平和を願って鐘打ちした。

 鐘の会の大濵博文支部長は「広島で13万人が犠牲となり、今でも後遺症で亡くなる人がいる」と話し、「戦争が生み出すものは苦しみと悲しみしかない」とあいさつし、世界の恒久平和を願った。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html