八重山地方、暴風域に ホテルの外壁落下 けが人はなし 波照間で最大瞬間49.5㍍ 台風13号

5階建てホテルの建物から落下した外壁とフロント部分が大破した車両=7日午後、石垣市八島町
5階建てホテルの建物から落下した外壁とフロント部分が大破した車両=7日午後、石垣市八島町

 大型で非常に強い台風13号は7日午後9時現在、西表島の南約160㌔にあり、時速20㌔で八重山地方を暴風域に巻き込みながら西北西に進んでいる。石垣島地方気象台によると、石垣島地方が7日夜遅く、与那国島地方が8日未明最接近したと見られる。暴風域を抜けるのは、石垣島地方が8日明け方、与那国島地方が8日朝の見込み。

 石垣市のホテルでは、強風の影響で外壁の一部が飛ばされて落下。直下にあったレンタカーの車両のフロント部分が大破したが、乗っている人や通行人はいなかったため、けが人はなかった。


▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html