竜巻?牛舎吹き飛ぶ 「何から手を付ければ」 大浜の数カ所、2人けが

被害にあった牛舎。30㍍の屋根が吹き飛ばされた=8日午後、大浜
被害にあった牛舎。30㍍の屋根が吹き飛ばされた=8日午後、大浜

 台風13号の暴風警報が解除された8日午後2時ごろ、市内大浜で突風が発生し、牛舎の屋根が50㍍ほど飛ばされるなどの被害があり、被害者らは「竜巻じゃないのか」と話している。「耳が気圧で圧迫されるようだった」「家の北側から圧力を感じた」「窓の外が乳白色になっていた」「怖かった」などと振り返り、台風とは違う恐怖を目の当たりにした。大浜で牛の専業農家を営んでいる横目秀二さん(53)は、牛舎の30㍍の屋根などが被害にあい、「何から手をつけていいのか」と肩を落とした。


 横目さんの牛舎はこの突風で屋根が50㍍ほど後方に飛ばされ、牛が一頭死亡した。横目さんは大浜中学校近くの自宅も被害に合い掃除をして、牧場に行ったところ被害を確認した。被害にあった屋根は長さ30㍍で修理費は約1千500万円という。「基礎だけは残ったが、それ以外は作り直し」と話した。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html