心温まる笑顔がいっぱい 仲島保写真展に感謝 黒島 健

 「笑いがいっぱい・健康は笑いから」をテーマにした写真展が石垣島徳州会ロビーで開かれている。「昭和二十五年二月五日生まれだから、2・5・2・5(ニコニコ)で、オギャーと生まれた時から笑いなさいよと、写真を撮るのは私の宿命みたいなもの」と、それこそ「つつましい笑み」の名刺を手にしながら話していただいた白保出身の写真家・仲島保さん。
 三回目を数える今回の展示会、石垣島一円のイベントや祝い事など様々な場面で出会った人々との笑顔とのユーモアを自らが愛し続けるバガー島で、およそ四○年にわたって写真を撮り続け、そのモデルはおよそ一万人におよぶとのこと。
 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html